読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

reservoir-drawing’s blog

徒然に、日々や絵など。

ある日の参観日、娘にあてて

校内の階段を上がり、君がいる教室を目指す
ぼくが教室にさしかかると、君は目を輝かせて手を振ってくれたね
国語の授業、君はとてもはりきって発表していたね。

前の参観のときと比べると
小三になった君の机や椅子は、少し小さくなったように思えたよ
君は日々、成長しているのだね。

前より少し大きくなった背中を、教室の後ろのほうで
ぼくはしっかり見つめていたよ

そして君のこれからに思いをはせたんだ

ぼくは、君が素敵なレディになれるよう
君が人に優しく、快活で、賢くあるよう
困難に立ち向かい、自分の道を拓けるよう

 

きみもいつかは、誰かにきっと恋をするのだろう
誰かを愛するというのは、とても素敵なことなんだ。

何万人も、何億人もいる「ただの」人
その人と思い、ふれあうことが出来たら
二人はお互いを必要とし合うんだ。

君が恋した人は、
その瞬間、きみにとって世界で唯一の存在になるだろう
恋に落ち、その人を想うことは、とても素敵なことなんだ。

僕は君が、いろんな事をかんがえ

いろんな人とであい、誰かを愛したり、わかれたり、また愛したり

そうして歩いていく道を、出来の悪いパパなりに照らしていきたいと思っている。

天国のママのぶんも、しっかりとね。

娘よ、ぼくはきみを愛しています。